道を拓く、空を翔る。

理系現役大学生・20歳・男の記録/メッセージ

ヒッチハイク (大阪・堺)〜(広島・自宅) 編

 

昨日大阪・堺の下宿先から広島の自宅までヒッチハイクして来ました!!!

 

練習ヒッチハイクがうまくいきすぎたところもあり笑、今回のヒッチハイクもうまく行くと思っていたんですが、まあ〜大変な旅になりました。

 

takkulu22350.hatenablog.com

 

 

それでも、どうにかこうにか最後はうまくいって、昨日中には自宅にたどり着くことができました。あまりにも疲れすぎて昨日は少し家族と喋って即効眠りに落ちました笑

 

しっかり寝て疲れも取れたので、(全身筋肉痛やけど...)今日は昨日のヒッチハイクを振り返ってまとめましたので、ぜひ読んでください!

 

それから自分を乗せてくださった車の皆さん、本当にありがとうございました。ここで120%の感謝を伝えさせてください!

 

ヒッチハイクをする上で計画はしっかり立てます。車を止めたり探したりするポイントにあらかじめ目星をつけておいたり、ここだったらどこどこ方面に向かう車を探す、とかこの道路を使う車を探す、とかです。

 

しかしそれらの計画が、全て思い通りに行くことはあり得ず、むしろ予想外の連続で、その度に地図とにらめっこしながら計画を練り直していかねばなりません。

 

でもそこがヒッチハイクの醍醐味でもあり、なんせ一回のヒッチハイクの中で半端なく行動力が伴うようになっていきます。

 

今回の僕のヒッチハイクの計画です。

・下宿先の近くの国道から阪神高速へ向かう車に乗せてもらい阪神高速15号堺線、堺ICの近くで降ろしてもらう。

・堺ICから阪神高速15号堺線へ入る車に乗せてもらい、大阪市内まで。

f:id:takkulu22350:20170810112643j:plain

・そこからは阪神高速16号大阪港線、阪神高速3号神戸線を経由し神戸へ。

・山陽自動車に入る車を探し、広島を目指す。

・自宅に最寄りの歩いて出られるSAで降ろしてもらい自宅へ。

f:id:takkulu22350:20170810112803j:plain

 

順調に行けば1日でたどり着ける道のりですが、うまくいかないケースもあるので一応、2日分のスケジュールを空けておきました。

 

夕方には到着できるかな〜という楽観の構えだったのですが、実際に帰った時は夜の10時を回っており、最悪どこかで野宿して今日帰ってくるということも十分にあり得ました笑笑

 

  • 平日と休日の違い

 当日は朝6時20分に準備を終えて、部屋を発ち20分かけて近くの国道のあらかじめ前の日に決めておいたポイントに歩いて向かいました。

 

6時45分。ヒッチハイク開始です。練習した甲斐もあり、前よりはスムーズにためらいなくスケッチブックを掲げることができました。

f:id:takkulu22350:20170810125526j:plain

広い道路ですが信号がすぐ横にあり手前に十分に車が止められるスペースがあるのがポイントです。

f:id:takkulu22350:20170810150850j:plain

格好はこんな感じ。

 

車通りは多かったのですがなかなか止まってくれません。30分経って、気づいてはもらえるのですが一向に止まってもらえそうな気配がなかったので、これは少し止まりにくいのかなと感じ歩いて新たなポイントを探すことに。

 

すると角地にコンビニのある交差点を発見したのでそのコンビニの駐車場の角に立って交差点に向けて、スケッチブックを掲げることにしました。

f:id:takkulu22350:20170810152558j:plain

さらに待つこと40分。

 

あれ?前はもうちょっとスッと止まってもらえたんだけどな...。

 

少し不安になって来たその時!

 

一台のワゴン車が駐車場に入ってキキー!と止まって送って行くといってくださいました!本当ホッとしました。

f:id:takkulu22350:20170810153228j:plainf:id:takkulu22350:20170810153319j:plain 

仕事に行く途中だという気のいいおっちゃん!ありがとう!

 

堺ICに着いたのは8時30分前くらいでした。いや〜この時点でなんか、あれ?今日は前より調子悪いなあ〜笑と感じていました。

 

それで途中で前のヒッチハイクとの違いに気づいたんです。この日は水曜日、平日でしたけど前のヒッチハイクは日曜日で休日だったんです。

 

見てくれる人もいるけど先を急いでいる様子の方が多かった気がします。この後いや〜これはちょっと厳しくなるかもな〜との予感が悪い方に的中していっちゃいます。笑笑

 

堺ICで阪神高速に乗る車を探したのですがなかなかこれも止まってもらえませんでした。気づいたら10時になってました。ここで計画を変更。

 

とりあえず、下道でもいいので大阪市内を目指すことにして、『大阪市内へ』のスケッチブックを掲げました。

 

すると!!難波に向かう予定だという一台の車に乗せていただけました!乗せてくださったのは以前にもヒッチハイカーを乗せた経験のあるというお母さんと娘さん二人でした。

f:id:takkulu22350:20170810162659j:plain

娘さん一人は高校2年生だそうで、大学受験についての話になりましたね。浪人してた一年間は結構ガリガリ受験勉強してたので、自分が知ってることを話しました。頑張れ、受験!!きっと結果はついて来ます!

 

さて、難波に到着!

f:id:takkulu22350:20170810170556j:plain

この時、ちょうど11時2分を迎えたので1分間黙祷しました。

 

そしてここからが本当に長かったんです。

 

  • 『無理かも......』が頭をよぎる

難波に着いてからまず30分は難波にある湊町のICでヒッチハイクを試みました。車の通りは多い上に都会のど真ん中に口を開いた狭いICです。

 

車を止めることはなかなか難易度が高そうだったので、ICに入る手前で信号で止まった車にい直接交渉することにしました。15台くらいに声をかけましたが、ほとんど相手にしてもらえませんでした。たまに反応してもらえてもスケッチブックに書いた『神戸方面』にはことごとくダメでした。

 

そこで粘っていても、らちが開きそうになかったので少しICから近すぎるのかな〜と思ってもう少しICから離れたところで試みるもからっきしダメでした。笑笑

 

もう昼くらいになるととにかく暑い。基本は炎天下の中ずっと立ってるか歩いてるから1時間もやってるとかなり体力的にも、精神的にも疲れますね。

 

このままじゃ乗せてもらえないと直感的に感じて、一旦喫茶店で休み計画を練り直すことにしました。

 

クッソ〜、なかなかうまくいかねーなー、どうする〜と考えながら周辺の地図を見ます。止まってもらいにくいことはしょうがないにしてもなんとか神戸の方に向かう車の数を増やしたいと考え、直接神戸線に入るICまで歩いて移動することにしました。

 

歩くこと20分。ICに到着。ICを見てみると神戸線にはたくさん車が入っていっています。“これならいけるぞ!”と感じ、そこでヒッチハイクを再開しました。

f:id:takkulu22350:20170810203506j:plain

 

しかし...。止まってもらえません。場所も悪くはないはず。なるべく笑顔も意識するようにしてましたし、神戸方面に向かう車も多かったはず。

 

ちょこちょこと場所も修正し続けて粘りましたが、なんとそこから4時間も経ってしまいました笑笑 やべ〜大阪から出れへん笑笑

 

正直、“あ、今日は無理かもな、今日中には帰れんかもな”という考えがぼんやり頭に浮かび始めていました。

 

それでも時間の許す限りしようと思っていたので、全部経験だと思ってスケッチブックあげていました。

 

そして悪い状態の時でも淡々とやっていれば状態は好転していくものです。

 

ついにやって来ました、その時が!

  • 広島に帰ろう!!

もうダメかと思い始めていたその時、黒のセダンがゆっくりと僕の近くに寄せてくれました。大阪での仕事の帰りの優しいおとうさんで姫路に帰られる途中でした。そして途中の三木のSAまで送ってくださることになりました。

 

もう嬉しくて嬉しくて涙が出そうでした。本当にありがとうございます、という気持ちでいっぱいでした。

f:id:takkulu22350:20170810204615j:plain

4時間ぶりの涼しい車内がとても心地よくてそのまま眠ってしまいたくなるような快適さでしたが、おとうさんにありがとうの気持ちも込めてとにかくいろんなことを喋りました。おとうさんはお仕事とは別に少年野球の監督さんをやられていて、そこで少年たちの気持ちを知るために心理カウンセラーの資格を取っていらっしゃるそうです。

 

本当にいろんなお話を聞かせていただいた上に大変親切にしてくださりました。感謝しています。

 

そして高速に入ってしまえば僕のペース。ここからは快進撃でした。なぜならどこか大きなSAに降ろしてもらいさえすれば、片っ端から声をかけて交渉していくっていう手段があるからです!

 

次に三木サービスエリアから乗せていただけることになったのはなんと外人さんでした!!

f:id:takkulu22350:20170810211557j:plain

自宅が岡山の備前の方で送ってくださるといっていただけました。なので、近くのサービスエリアまで乗せてもらうことに。

 

初めての外人さん。英語を話すっていうのはやっぱ普段からそういう意識がないと難しいっすね笑笑

 

喋ろうと思うけど言葉が出てこない。あ〜、とかう〜、とかが自然に多くなります笑笑

 

でも幸いこのかたが日本で9年英語を教えていらして、日本人に聞き取りやすいように英語を話していただいて助かりました。だから僕は英語を聞き取れるんだけど、お粗末な日本語と英語のカフェオレ的な返ししかできないっていう感じでした笑

 

旅行が大好きだそうで、日本に来た理由も日本の様々な観光地にすぐいけるからだったそうです。(多分。笑 自分が聞いた範囲では)

 

終始冗談を言ってくれたりして、とても愉快で優しいかたでした。

 

そうして備前近くのSAで降ろしてもらうと、時間はもう19時くらいでした。もしかしたらどっかのSAで野宿やな、と考えていました。陽も落ち始めていました。暗くなるにつれて、不安もどんどん増していきました。

 

するとそこで!!一人のトラックの運ちゃんが途中まで乗せてくれると言ってくれました。

 

やった!!しかも初めてのトラック運ちゃん!ほんと馬鹿でかいトレーラーみたいで座席にはほとんどはしごを登るって感じでした。

f:id:takkulu22350:20170810224425j:plain

 

 f:id:takkulu22350:20170810224508j:plain

佐賀まで行く途中ということで送っていただきました。座席が高すぎてなんか景色がアトラクションみたいで運ちゃんともたくさん話をしました。途中のSAではご飯も奢ってもらいました。

f:id:takkulu22350:20170810230156j:plain

 

そうして自宅に最寄りのSAまで送ってもらいました。その時にはもう夜の10時を回っていました。

 

それでも本当に広島にたどり着いたんだと、一気に達成感が込み上げて来ました。

 

  • ゴール・まとめ

今回のヒッチハイクでも本当に沢山の人に出会いました。前回のヒッチハイクよりもヒッチハイクすること自体に対するハードルが下がっていたので車内での会話やヒッチハイクの困難自体も自然に楽しめることができたと思います。

 

きっと行動すればするほど、そうやって自信もついて行くんだという確信ができました。明らかに行動力も上がっています。

 

自分の中で人目をあまり気にしなくなったという成長もありました。

 

いろんな人にいろんな話を聞いていると本当にいろんな人がいていろんな人生があるなあと感じます。

 

今回、車内で乗せたもらった方にした質問が一つあります。『僕くらい、20歳くらいの年齢の時に何かこれはしておいた方がいいとかありますか?』

 

答えは本当にそれぞれだったけど最後に行き着く答えは必ず『今君がヒッチハイクしているみたいにとにかく挑戦して経験してみることだ』ってことでした。

 

自分で踏み出した経験こそが自分を作ります。これからもどんどん考えて経験しよう!

 

読んでくれた方ありがとう!!

 

 

 

 

 

 

 

変容するまで続けること

8/6に練習ヒッチハイクを成功させ、本当は今日ヒッチハイクで広島に帰りたかったんですが、昨日はあまりにも色々疲れていたせいか、昼の十二時ごろまで寝てしまい、結局準備が間に合いませんでした。

 

ちょうど台風も来てて天候も良くなかったので、まーいっかーと切り替えて、昨日の昼から今日にかけて、大阪を発つ準備をしました。

 

まずは掃除。いらないものはポイポイ捨てて、だいぶスッキリ。やっぱモノはなるべく少ないほうがいいな〜。。。

 

でも反省点はこの3ヶ月くらい、コツコツ掃除せずにまとめてバーっとやる掃除になっていたこと。今日もそうだったし。掃除は毎日コツコツやるのが一番楽だし、効率いいからね。

 

それからヒッチハイクの計画を立てました。

 

自宅→阪神高速・堺IC→神戸方面→岡山方面→広島

 

って感じ。だいたいここがいいかな〜っていうヒッチハイクポイントもチャリで下見して来ました。

 

多分いけると思うけど、やっぱり緊張するな。。。

 

練習で成功した時のいいイメージはあるけど、如何せん、ヒッチハイク中の車内での自分と家に一人でいる時の自分が全く別人すぎて、不安になるんです。

 

 

車内ではとにかく喋ります。テンション上げに上げまくって笑いまくって喋ります。一方、家に一人でいるときはいろんなどうでもいい小難しいことばっかぐるぐる考えているので(というか考えちゃう、考えるのが好き)、はたから見れば、超陰湿ムッツリ野郎だと思います。

 

そうしていると、いつもの自分の思考の癖にはまってしまいます。

 

“失敗したくない。恥かきたくない。嫌われたくない。何もしないでおきたい。”

 

 

そうするとまた、嫌〜な気分です。全く自由が制限されちゃってる感じ。何もできない。他者からの評価を満たすことが一番で、ありのままの自分とか自分の本音が出てこんようになる。

 

そんじゃどうにも耐えられんからなんとかそれは違うんだと言い聞かせる。そんな不都合な解釈よりももっと自由な選択があるんだと無理やりでも考える。

 

なんどもずっとこの繰り返しです。これはもうそういう考え方が習慣になっちゃってるからそうは変わらないです。

 

 

習慣の力は強力です。習慣になったことは無意識のレベルで体にインプットされているからです。

 

 

ちょっとやそっと、小手先だけの変化では況してや、思考の習慣はなかなか変わってくれないんです。

 

 

恒常性、ホメオスタシスという性質が自然界にはいたるところで見られます。

 

 

体内で熱が上がったら、下げようとする力が働く。過剰なダイエットをすると逆にもっと食べたくなってリバウンドする。動植物の個体数も増えたら減ることが多い。

 

 

元に戻そうとする力、現状維持を求める力が働くんです。これを恒常性と言います。

 

 

人間の習慣も一緒。変わろうとしても過去の自分に引き戻されちゃうんです。

 

“おい、変わるな!”と。だって変化には危険が伴うことを自然界はわかっているから。なるべくこのままでいようとするんです。

 

この段階でやめちゃダメなんです。“なんだ、やっぱ変わんねーじゃん。”って。

 

 

どうするか。変容するまで続けることです。同じ変化をかけ続けて、体が

“あれっ?もしかしてこっちが本当の習慣なのか?”と気づくまで続けることです。

 

 

そのためには考え続けることも大事だけど未来に目を向けて行動しているってことが大事だと思うんです。

 

“一緒に明日を作っていこうや。過去にくよくよするのではなく。”

 

過去に引っ張られそうになるといつもこの島田紳助さんの言葉を思い出します。

 

 

というわけで、明日のヒッチハイク楽しんでいこう!!!

 

 

どんな旅になるかな.....ZZZZ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒッチハイク  (大阪・堺・中百舌鳥)〜(大阪・枚方・楠葉) 編

 

人生初のヒッチハイクをしてきました!!!!!

 

 

今回は目的地まで行ってまた帰ってくるヒッチハイクをしたので、最初のスタート地点にゴールした時の達成感と感動は言葉にできないほどでした。

 

 

お忙しい中、自分を快く乗せてくださった方々に感謝の気持ちで一杯です。

 

 

今日はそのヒッチハイクの全貌をご覧いただこう!!!!

 

 

・計画と実際は全く違った

 初めてのヒッチハイクということもあり計画は入念に立てました。

 

計画立ててる時からドキドキしてました。笑

f:id:takkulu22350:20170806183513j:plain

 

ルートは上図青線の感じです。

 

6時30分:下宿のアパートのある金岡町を通る大阪環状線で、京都方面に向かう高速の

     最寄りのICである松原ICまで乗せてくれる車を見つける。

  

 

?時?分 :松原ICから近畿自動車道に入る車を見つける。この車が枚方のICで出る

     ならそのまま乗せていってもらう。そうでないならそれまでのSAで降ろし

     てもらい、そのSAで枚方行きの車を探す。

 

    :枚方から楠葉に伸びる国道で楠葉に向かう車を探す。

 

13,14時(予想) :楠葉到着

 

 

楠葉は僕が浪人時代を過ごしていた場所で先輩ともいうべき友達ともいうべき恩師

たちがいるきれいで素敵な街です。

 

ですが計画はあくまで計画でした。笑

 

本当にいろんな予想外が盛りだくさん。でもそうやって道中で計画を練りながら試行錯誤するのもヒッチハイクの醍醐味。それも含めて楽しかったんです。

 

 

・一生忘れない初ヒッチハイク

ルートや道路などの道順確認はもちろんのこと、乗せてもらいやすいスケッチブックの書き方、見せ方、それに場所に応じたヒッチハイクしやすいポイントや、ヒッチハイクをする上での最低限のマナーなどは結構期間をかけて勉強していました。

 

幸いにもかつて自分と同じ学生でヒッチハイク経験者の方が書いたブログなど(やぎろぐさんです)があって、本当に参考になりました。

 

でも。。。。。やっぱり実際あらかじめ決めておいたヒッチハイクポイントに来て立って見ると、半端なく緊張しました。というか本当怖かった。急に手に持っていたスケッチブックがしょうもない落書きみたいに思えてきた。

 

朝は六時半という時間でしたが大阪の、高速へ続くでっかい道路です。車はビュンビュン走ってます。歩道にはランニングする人がいて自転車が走る。太陽はだんだん高くなり、鳥がさえずる。信号が青に変わって車が一斉に走り出す。こんな何にも変わらない日常の風景に忽然と完全なる異質体として出現する自分。いやいやいや絶対あかんやん、変人決定や、周りの人からしたらそんなん.................ちゃうよ。

 

違う。周りが自分をどう思うかは関係ないんだろう?俺がやるんだから。俺が未来の俺を作っていくんだから。やらなきゃ。やろう!

 

 

ここまでに15分間くらいかかりました。ウロウロしながら笑笑 そんくらい最初にスケッチブックを掲げるのには勇気がいったんです。でも、いつもそうやって人目を気にして行動できなかった、そういう自分の殻を少しでも破るためにやるって決めてたんでしょう?と自分に言い聞かせました。さらに信頼できる友達に、今からやるって宣言して逃げ場のない状態を作っておきました。

 

 

そしてついにスケッチブックを掲げました。最初こそ緊張して人の目線が痛かったものの、だんだん慣れていきました。でもなかなか止まってくれません。正直心の中は誰か止まってくれ〜と雄たけびでした。二十分くらい色々試行錯誤したでしょうか、突然でした。『おい、にいちゃんにいちゃん』と後ろから声がして、見てみると一台の車がウィンカーを出して道路の脇に窓を開けて止まってくれていたんです!走って駆け寄ると近くのICくらいまでなら送ってやるってことでした。

 

 

止まってくれたのはちょっとやんちゃそうな感じのイケてるおとうさん。

f:id:takkulu22350:20170806210336j:plain

本当に嬉しくて、死ぬほどありがとう言いました。笑笑

 

きっと一生忘れないドライブになりました。

 

 

・計画変更、何とか楠葉にたどり着く!

松原ICの近くで高速に乗る車はすぐ見つかりました。IC目前にあったローソンで片っ端から声をかけました。

 

断られたり、無視されたりしても気にせずちゃんとお礼を言ってどんどん声をかけるんです。

 

その方も気さくな大阪のおっちゃんって感じで聞くと京都までお墓まいりに行くそうでした。なので途中の八尾SAまで送っていただきました。

f:id:takkulu22350:20170806212523j:plain

本当に優しくて気さくな方でローソンで買ったパンやジュースをくださったりしました。笑

 

この調子で次もどんどんいけるかと思ったのですがこの八尾SAではかなり苦戦しました。ここが今回計画通りいかなかったです。枚方に行く、枚方のICで出るって人が全然見つからない。

 

それでも見つからない、じゃあどうにもならないから見つけるしかないから一時間半くらい声をかけ続け、小さいSAをちょこまか動き続けました。

 

その間8月6日の八時十五分を迎えたので、SAの隅の方に行って一分黙祷しました。

 

何人に話しかけたか分からんようになるくらい声かけたのでこれしてなかったら絶対一生話しかけんタイプやなあっていうちょっと強面のお兄さんとかトラックの運転手の人とかたくさん喋れたのでそれは良かったけどやっぱり結構焦ります。

 

作戦変更することにしました。枚方は少し行き過ぎることになるけど、京田辺のSAまで乗せてもらえる車を探すことにしたんです。それなら京都に行く人でもオッケーになる。

 

そうするとすぐに京都に向かう優しそうなご夫婦の車に乗せてもらえることになりました。お二人とも年代物が好きだそうで、乗せてもらったご主人の車は僕より優に年上でした笑笑

f:id:takkulu22350:20170806220211j:plain

幸いなことに京田辺SAは歩いて出れることがわかり、そこから下道で楠葉を目指しました。

 

しかしこれがなかなか大変でした。完全に調べてないところだったし、京田辺SA周辺は車通りが結構少なくて、近くのスーパーの駐車場で楠葉まで行く人を探しても誰もいなかった。。。

 

しょうがないので何とかこの道なら楠葉まで行く人いるだろうっていう道まで炎天下の中歩いて移動しました。

 

やっとその道でヒッチハイクを試みたものの、なかなか止まってもらえません。実に四十分。スケッチブックを掲げ続けました。調べてなかったしちょっとポイント的に止まってもらいにくいかなー、いやー、歩くしかないかーと思い始めたその時、キイーーー!!っていって止まってもらえました。今回止まってくれたのは24歳の若いお兄ちゃん。イケメン。

f:id:takkulu22350:20170806222641j:plain

ちょうど楠葉行くとこだったって笑笑 ほんと助かりました!

 

 

そうして無事楠葉までつくことができました。到着時刻はだいたい11時。約5時間くらいの旅になりました。もちろん費用は0円。

 

 

楠葉行きつけのお店でお昼ご飯!

f:id:takkulu22350:20170806223345j:plain

恩師達とも話してひと段落したら、帰りのヒッチハイクの計画を練りました。暗くなる前には帰りたかったので三時に楠葉を発つことにしました。

 

よし、そしたらリターン・ヒッチハイクいってみよう!

 

 

・成長を実感した復路

復路は上達してたせいかまあ〜早かった笑笑 2時間もかからなかったと思います。

 

最初は楠葉の下道からヒッチハイクして高速のインターを目指したのですが、スケッチブックを掲げてものの30秒くらいで止まってもらえました。なんかアピールの仕方とか上手くなったんかな笑笑 

 

乗せてくれたのは車からしてなんかオーラが半端なかったダンディーなおとうさん。それもそのはずこの方すごい方でした笑笑 貫禄すごかったもん笑笑  プロサッカー、Jリーグの某クラブの社長さんでした。

f:id:takkulu22350:20170806230040j:plain

 色々話していただいてこれぞヒッチハイクの醍醐味って感じた瞬間でした。だって絶対普通に生活しててそんな人と会えません笑笑

 

 

しかもこのかた枚方東ICのほんと目の前、ETCの改札(?)の目の前まで乗っけてくださいました。実はそういうとこって車がそこビュンビュンくぐるから正直結構危ないしヒッチハイク向きではないんですけどワイルドでカッコ良かったです。

 

 

そこから東大阪方面へ向かう車を探しましたが、案の定全く止まってもらえる気配がなく一番難易度の高いヒッチハイクになったんですが、ご夫婦とその会社の同僚という3人組のちょうど東大阪に帰るところだという方に声をかけてもらいました。なので東大阪SAまで乗せていただきました。

f:id:takkulu22350:20170806232959j:plain

三人とも親切すぎるし面白すぎて本当に愉快な三人でした笑笑

 

このSAでそのまま堺まで乗せてくれる人を探し、声をかけました。

 

すると家はちょっと違うけど時間があるからと、快く乗せてくださるご夫婦がいました。このご夫婦はすごくて夫婦二人で世界一周したり、その日に決めて旅行したりされる本当に行動力があって、仲よさそうな、楽しそうなご夫婦でした。話聞いててもすごい憧れの夫婦像 笑

f:id:takkulu22350:20170806235107j:plain

本当にありがとうございました!!!

 

こうして僕は帰ってくることができました。往路は4台、復路は3台、計7台の方々にお世話になりました。

 

みなさん、本当にご親切ありがとう。。。

 

 

・ゴール・まとめ

朝スタートした場所と、夕方にゴールした場所は一緒だったけれど僕にとってその景色はすごく変わって見えました。冗談抜きで本当に最後のご夫婦の車見送った後、何よりも本当に自分はやったんだっていう達成感がブワア〜とこみ上げてきて感動でちょっと泣きそうでした。車の中では乗せてもらってる代わりに喋り続けるっていうのが最低限のマナーだから、たくさん喋ったけど、逆に自分がいろんな人から様々な話を聞かせてもらったり、熱い応援の言葉をもらったりして、ああ、人の心遣いってこんなにも暖かいものなんだと実感すると同時に、自分に自信もできたと思います。自分にはまだまだもっとできることがたくさんあると思えるようになりました。まちがいなく今日の一歩は僕の経験になって、財産になったと思います。過去は関係ない、今この瞬間にどれだけその財産を蓄えていけるか。これからももっともっと経験しようと思います。

とりあえず、明後日のヒッチハイクが本命だから頑張ります。!

練習は大成功でした!

 

 

 

 

 

 

失敗しまくろう、恥かきまくろう

大学の試験が終わり、長い夏休みを思うだけで高揚感と解放感に溢れかえっています。

 

 

最初の3ヶ月4、5、6月はあまり楽しくなかったです。

 

 

さあ、大学生だ!いろんなことをしてやろう!と意気込んではいたもののあまりイメージ通りではなかった。

 

 

まず、変なところで自意識やプライドがあって、人目を気にするあまり身動きが取りづらくってしょうがなかったです。

 

 

浪人時代にそういう自分に気づいてなんとか改善しようとしてたけどやっぱうまくいかず、すごいストレスでした。

 

 

勉強も自分が志望した学科の内容ではなかったのでモチベーションが上がらず、やらされてる感があって不満でした。

 

 

 

なんとか乗り切ったっていう表現が近い大学生活のスタートです。

 

 

でも一応は乗り切ったからやっぱ今、解放感から勢いがあります。

 

 

そして乗り切ってから実感したこともあります。

 

 

 

それは動かないと何も状況は変わらないこと。うじうじ自分の殻に閉じこもってても何も変わらない。

 

 

未来に何か変化を起こすために今動く。

 

 

失敗しまくって、恥かきまくる。

 

 

でもそれは経験になるからいいんです。

 

 

“経験とは経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされる”

 

 

 

とはホリエモンさんが自著で述べている言葉です。

 

 

 

行動し続けて、失敗たくさん経験しよう!

 

 

 

僕は明日?(もう今日です)初めてヒッチハイクに挑戦です!

 

 

大阪→京都まで!

 

 

 

 

 

 

メッセージ

 

 

初めまして、Takkulu です。

 

大学生になってようやく自分のペースがつかめてきた。

 

4月はほんとごちゃごちゃしてたから、ろくに優先順位もつけれてなかった気がする。5月も終わりかけのこの1週間が1番自分なりに充実してたなぁ。。。笑

 

ブログを始めるにあたってはどんな事を書くかあらかじめざっくり自分の中できめておくといいらしいね。自分は、

 

•大学生、〜やってみたシリーズ

•考えている事

•大学受験応援編

 

 

みたいな感じでやっていこう。

 

 

さて!

 

 

早速今日の本題へ。

 

 

僕は現役大学生で今は未熟なところもたくさんあるんですが、大きな夢、野望があるし毎日熱い気持ちで過ごしている。それはこのブログで追々あきらかになるはず。

 

だからこのブログを見てくれた人を少しでも楽しくそして勇気付けられるようなものにしようと頑張りますね。

 

 

いけないいけない、脱線してる、今日の投稿内容に入りましょう笑

 

 

一発目何書こうか迷ったけど、昨日僕が観た映画の紹介と感想にします笑

 

 

これです!!

 

 

 

                       f:id:takkulu22350:20170528000227j:image

 

“メッセージ”!! もう観ましたか⁉️

 

 

結構話題になってますよね。もちろんアカデミー賞を受賞したということもあるし、バカウケに似てるとか似てないとかで...笑

 

 

前から気になっていて観にいきたかったので昨日行けてよかった^_^

 

それになんと電車の切符買おうと思ったら改札で通りすがったナニワのお父さんが、

 

 

『あんた、にいちゃん、これやるわ!』

 

 

 

ってこんなものを!!笑

 

 

                       f:id:takkulu22350:20170528001230j:image

 

 

エンジョイエコカード。。。な、なんやこの怪しいカード!!最初はそう思った僕もその効果を知って大喜び。1日電車バス乗り放題券みたいなもんです。

 

 

くっ!ありがとうナニワお父さん!あんた絶対いいことになるよ!

 

電車代ういてウキウキしながら映画館へ。いやぁ〜一年浪人しててその間は勉強しかしてなかったからほんと映画館久しぶりだったなぁ。

 

レイトショーだったので人もまばら。116分、存分に楽しませて頂きました。

 

そして肝心の内容。

 

う〜ん、ほんとすごく考えさせられるものでした。あまり細かく映画の中でその場面の説明がされるようなことはなく、自分なりに解釈を与えなければ多少難解なイメージになるかもしれないなぁ。

 

それでも物語を貫いていたヒューマンストーリーは最後に感動をくれましたね。まだまだ自分の中で熟成させ考える価値のあるとてもいい映画だと感じ満足です。映像や世界観もとても綺麗でした。時間をおいて見直したいなぁ。

 

今の僕が最も考えさせられたのは、概念や思考の役割です。僕たちは言語を介して思考しています。ということは言語が違えば思考の仕方も一様ではなくなり、そうすれば概念すらもまた変わっていくはず。

 

“メッセージ”に登場してくる地球外生命体は人類の全く知らない言語を使用しました。故に彼らは人類の獲得していない概念を持ち合わせていた。その内容はネタバレになってしまうのでさておき、その概念、元をたどればその言語こそが彼らの最大のプレゼントでありメッセージだったのです。

 

これらは僕の考察ですから全く違うかもしれませんが、その余地が意図的に与えられているのもこの映画の好きなところのひとつですね。

 

と同時に僕はハッとさせられました。

 

さぁここら辺からまとめに入ってますよ〜笑 毎回何か読んでくれた方の心にタックルできるような内容にしたいですね笑

 

それは僕が当たり前だと思っている事は僕の言葉で得た概念であって、その人の言葉でしゃべる別の人、例えば宇宙人から見たらそんなのは全く通用しないからです。

 

だとすれば言葉が変われば??自分の頭で考えて、尊敬するような人の言葉を聞いて、たくさんの経験をすれば言葉が変わる。言葉が変われば概念が変わる。概念が変われば行動が変わる。行動が変われば人生が変わる。

 

人生は自分の言葉、考え方で変わるんです!

 

人生は自分の手で切り拓ける。。。

 

それがこの映画最大のメッセージなんだと思いました。

 

だから僕も自分自身にいい言葉、“メッセージ”をおくっていこう笑

 

最初だからかなりの長文になったけど自分のペースで更新していきます!

 

とりあえず、“メッセージ”ぜひ見てみて下さい!

 

読んでくれた方、ありがとう。

 

 

では👍